組織

組織 (15)

2011年3月11日に起こった東日本大震災。この年、都内の多くの大学は、卒業式と入学式を中止し、新学期のスタートを1ヶ月遅らせた。多くの学生が、社会全体が変わることを感じ、緊張感に満ちたこの年、次世代人財塾・適十塾(てきとじゅく)が本格的な活動を開始した。


適十塾は21世紀を担う若者に実社会というフィールドを提供する、アクティブラーニングの取り組みそのものだ。「適十塾」の名前は、幕末から明治維新にかけて、多くの人財を輩出した緒方洪庵の適塾から一字をいただいた。「適十」は「適当」のもじりで、良い加減の真面目さと、いい加減の軽やかさを意味している。


この学生団体の最大の特徴は、卒業がないことだ。学生時代、指導にあたる教員からバトンを託された塾生は、卒業後もバトンを見守り続けるが、次のバトンは後輩の塾生(学生)に託されることになる。学生時代は教員からバトンを託され、そして社会人になった今、学生にバトンを託す彼らは、学生時代のリアルな学びについて、何を思っているのか?


ここでは当時の学びが、今、どのように繋がっているか、彼らの生の声から、卒業のない学生団体の現在地を紹介したい。

高校球児とメジャーリーガー
「もし高校球児がメジャーリーガーと一緒に野球をしたら」。埼玉県にある県立川越工業高校では、現在、世界に冠たる理化学研究所(理研)と共同で「技術開発」を行うというプロジェクトに取り組んでいる。

2014年度の訪日観光客は1,300万人程まで伸長し、個人消費の1%に匹敵する2兆円程度が訪日観光客の日本での買い物、食事等の支出金額であると言われている。

10年20年先の経営に責任を持つ意思
バンドエイド、セロハンテープ、ウォシュレット。

中期計画のない不思議な会社
あなたは「Plan・Do・See」という会社をご存知だろうか。

SIBOPとは
SIBOP(Student Inclusive Business Organization for Progress INDIA)は、インドに渡航し日本企業のマーケティング代行調査を行う調査団体だ。

働き方改革の本質
働き方改革という言葉が注目されるようになって久しい。多くの企業がこの波に乗ろうと、「働き方改革」を掲げて色々な活動を行ったり制度を導入したりしている。

2004年に小泉政権の肝いりで導入された構造特区制度で誕生した株式会社立の大学院大学として開学したのがデジタルハリウッド大学院大学である。設置会社であるデジタルハリウッド株式会社は、翌年に大学も開学し、他にデジタル系専門スクールやフランチャイズスクールとして日本に8ヵ所、タイなど海外にも専門スクール3校を展開している。

企業におけるダイバーシティとは
「ダイバーシティ」とは環境関連では「生物多様性」と翻訳され、動物や昆虫、植物など多くの様々な種が共存していることを表し、種の絶滅を回避するための理想的なありようとして語られている。

トップに戻る