カンターは、4月28日付で、プロファイル部門の日本市場向けサービス強化のため、国内統括責任者としてJustin He(ジャスティン・ヒイ)の就任を発表いたしました。これによって、さまざまな企業をベストインクラスのリソース、ツール、ソリューションにつなげ、消費者理解を深めるという当社の専門領域を日本のマーケットでさらに強化していくことを目指します。

“巣ごもり消費”は単なる現象にすぎない

 コロナ禍における消費トレンドを“巣ごもり消費”という現象面で捉えても、変化の本質は理解できません。
近視眼的に現象を追っかけるだけでは、消費者の新しい“欲しいの本質”を捉えたことにはなりません。

R&Dでは全国の18~69歳の女性を対象に、毎日夕食のメニューを聴取する「ディナーサーベイ」を実施しています。今回はその中から外食率の変化について分析を行いました。
新型コロナウイルスの影響により、日本人の生活は変化を余儀なくされております。感染予防のために強く外出自粛を要請されている中、果たして夕食の外食率はどう変化したのでしょうか。

市場に健康訴求の商品が急増する中、消費者に自社製品の信頼性をいかに伝え、差別化を図るかが重要となっています。本Webセミナーでは、広報・マーケター・販促担当者等の方々へ、以下2点を中心に、30分で新たな視点を提供します。

来たる11月1日(木)、香港貿易発展局はホテルニューオータニ東京におきまして、過去最大規模のシンポジウム「think GLOBAL, think HONG KONG (国際化へのパートナー:香港)」を開催致します。本シンポジウムは香港政府トップのキャリー・ラム行政長官の初来日により開催するもので、テレサ・チェン法務長官やマーガレット・フォン香港貿易発展局総裁をはじめ、約200名の香港の政官財界リーダーが来日参加する予定です。

トップに戻る