海外企業のリスクテイク力には、学ぶ点も多い。特にフィリピンを母体に、積極的な拡大政策をとるジョリビーは、リスクと共生する手法に長けている。

昨今、日本のメディアでも配車サービスの「UBER」や、民泊サービスの「Airbnb」などの米国シェアリングエコノミー企業が取り上げられるようになってきた。

「Uber(ウーバー)」とは、IT関連の仕事に携わる人は知らない人はいない、シェアリングエコノミーを代表するスタートアップで知られる自動車配車ウェブサイト及びアプリである。

買い方が変化した
ここ10年ほどのEコマースサイトの変化は著しいことはわざわざ言及する必要もないほど、めざましく変わり、インターネットを開けば、24時間365日、世界中から簡単に買い物ができる時代になった。

若者が家の湯船に浸からなくなっている
昨今、若者のあいだで湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまう人が増えていると言われる。

食のしあわせを形作ってきた3つのキーワード
「食のしあわせ」というと、どんな光景を想像するだろうか?家族で仲良く食卓を囲む。グルメな友人と話題の飲食店で舌鼓を打つ。

写真は高校3年生の11月のある授業。センター入試まで70日を切ったころの様子です。そこには入試への不安や焦りは感じられません。お互いに助け合いながら学ぶ残り少ない時間を愛しんでいるようにも見えます。

Y!アカデミア(ヤフー・アカデミア)は、ヤフーグループの次世代リーダー開発を行う企業内大学です。現在、ヤフーおよびグループ会社の社員400名が在籍し、自分らしいリーダーシップが発揮できるよう、スキルとマインドを鍛えながら切磋琢磨しています。

「1週間が8日に増えたら、その1日何をしますか?800字以内で書きなさい」

私の中国上海との関わりは、以前東京で手がけた企業再生案件である。上海で100店舗規模を展開する飲食チェーンの日本ライセンシー企業の再生社長を約3年半務めた。

経験曲線なるコンセプトがあるが、これは累積する経験量により効率化など改善がされるというものだ。しかし、累積しなければならない。経験とそこから得られたものが継承されてこそ効果は上がり、引き継がれずにゼロから始めれば振り出しに戻ってしまう。

少子高齢化による人口減少により日本の国内消費市場は縮小傾向にある。日本は依然として世界第三位の経済大国であり、国内市場の規模は相対的に大きいが母国の市場にのみ立脚していては企業の成長戦略は描けない。

トップに戻る