コースの特色

 

  • 実務の観点から作られたプログラム
    公益社団法人日本マーケティング協会では、マーケティングにおける実務経験と幅広い知識を持つ方々を、マーケティング・マイスターとして認定しております。
    マーケティング・マイスターの方々に、カリキュラム編成から講師招聘まで行って頂くことで、マーケティング・マスターコース関西は、マーケティング実務の観点から、今、学ぶべき内容を反映したプログラムを提供できているのです。
  • 総合的なマーケティング力を養成
    10か月に及ぶ長期間の研修では、経営の視点、マーケティング戦略の発想方法、具体的な実行手段となる商品開発、ブランド戦略、コミュニケーション、流通、デジタル・マーケティング、グローバル市場等々、マーケティングを取り巻くあらゆる領域を学んで頂きます。
    また、マーケティングの知識を得ることは勿論、演習を通じてマーケティングをビジネスの現場で活かすための力を習得できる様に構成されています。
    マーケティングと徹底的に向き合う10か月は、自分自身のこれまでの業務を省みたり、顧客やステークホルダーと自社の関係の在り方を考えるなど、マーケティングを軸としてビジネスにおける様々な課題と向き合う機会になるはずです。
  • 異業種交流による視野と知見の拡大
    「マーケティング」という、業種・業界に関わらず必要となる知識を学ぶ場だからこそ、様々なバックボーンを持った指導者・受講者が集います。
    多様な視点と多様なビジネス課題解決アプローチがあることを、演習や懇親の機会など、折に触れ体験することで、業種・業界の壁を越えたオープンイノベーションを実感されることでしょう。
    また、コースを通じて形成される人脈は、個 対 個の密接な繋がりとなり、修了後もビジネスからプライベートに至るまで様々なシーンで活用できます。
  • 事例研究論文執筆
    マーケティング・マスターコース関西では、修了要件のひとつとして、事例研究論文を執筆して頂きます。
    研修を通じて得たマーケティングの知識を体系化し、論理的にまとめることで、マーケティングの深い理解と知識の定着を図ります。自身の興味関心からテーマを設定し、論文として提言を行うことで、論理的かつ実践的なマーケティング力を養います。
  • マーケティング・マスター認定
    マーケティング・マスターコース関西を修了された方に、公益社団法人日本マーケティング協会の認定資格「マーケティング・マスター」の称号を授与します。
    幅広いマーケティングの知識を習得し、ビジネスで直面する課題を解決する能力を有するマーケティング人材として認定致します。

 

募集要項

 

受講対象
  • マーケティングの全体像を学び、ビジネスに活用する意欲のある方。
    *業種、部署、役職、年齢は不問です。
募集定員
  • 24名
受講費用
  • 会 員 830,000円(税抜/1名)
  • 非会員 970,000円(税抜/1名)

 

講義スタイル

 

講義期間
  • 2020年5月29日(金)~2021年3月中旬

  • 毎週水曜日9:30~17:40

  • 1講義 80分 23科目126講座
講義時間

1時限 9:30~10:50
2時限 11:00~12:20
3時限 13:20~14:40
4時限 14:50~16:10
5時限 16:20~17:40

 

カリキュラム

 

  • マーケティングの歴史・体系・役割
    マーケティングの全体体系と概要を理解する。
    戦略と戦術そして、事例を通してマーケティングを学ぶ。
  • 経営とマーケティング
    激変する経営環境の下、経営におけるマーケティングの役割について学ぶ。
  • マーケティング財務
    企業財務の基本的枠組みを理解し、事業の収益性や財務とマーケティングの関連についても学ぶ。
  • 関西商い学とマーケティングナレッジ
    企業には独自のマーケティングの知恵がある。関西の代表企業より企業革新、創造、成長、文化について学ぶ。
  • コーポレート・コミュニケーション
    近年あらゆるステークホルダーとの相互コミュニケーションが必要となってきている。コーポレートコミュニケーション機能を高める為のスキルを学ぶ。
  • 実践的事業創造(演習)
    実在する企業から具体的なテーマを頂き、講義で得たマーケティング知識と自らの大胆な発想力を活かしながら、グループワークを通じて新規ビジネスプランを作成・提案する。前半の山場となる演習。

  • プランニング&プレゼンテーション
    マーケティングの実務はプランニング&プレゼンテーションの連続。実践的なスキルを演習と発表を通じて学ぶ。
  • コンセプトメイク
    コンセプトの重要性を把握すると共に、演習を通して商品コンセプトと広告コンセプトそれぞれの役割を学ぶ。
  • 競争戦略
    企業の生き残り及び成長に向けての競争戦略を理論と事例研究を通じて学ぶ。また演習を重ねることでプランニング能力を高める。
  • コンシューマインサイト
    生活者の行動や意識の中に潜む課題を発見し、商品開発や購買行動につなげるコンシューマーインサイトとは何か、また、その探り方や活かすヒントを学ぶ。
  • マーケティングリサーチ
    調査設計プロセスで陥りがちなポイントについてリサーチの最新動向と演習を通して学ぶ。

  • 価格戦略
    競争に打ち勝ち確実に利益を上げていくには状況に応じた巧みな価格戦略が要求される。価格政策の基礎理論と手法を学ぶ。
  • 流通マーケティング
    IT、デジタル化が急速に進展する中、モノ・コト・サービスを生活者に適切に提供するための流通マーケティング活動について事例を通して学ぶ。
  • 商品政策
    商品政策の原理原則を踏まえ、新商品の開発・育成について事例を通して学ぶ。
  • リレーションシップマーケティング
    リレーションシッブマーケティングの動向とそれを支える分析テクニックを理解し事例を通して絆づくりを実践しフランドを強化するヒントを学ぶ。
  • 営業政策
    「顧客志向」と言われる中、それを実現するうえで営業が果たす役割を事例を通して学ぶ。
  • コミュ二ケーションデザイン
    IoTの進展に伴い、さまざまなデータや新しいテクノロジーを駆使したコミュニケーションデザインが、生活者にアプローチしていく上で重要となる中、旬のテーマや事例で新しい手法を学ぶ。
  • 生産研究政策
    基礎研究、商品開発・品質保証・持続可能性への取り組みと、工場見学を通して開発や製造現場での考え方、行動を学ぶ。

  • ブランド戦略
    ブランドの重要性、果たす役割、ブランド戦略全体を見渡し商品ブランドとコーポレートブランドの両方について学ぶ。
  • グローバルマーケティング
    企業にとってのグローバル化の意義を理解し、グローバル市場における日本企業のマーケティングについて事例を通して学ぶ。
  • マーケティングトレンド
    複雑化高度化するマーケテインク課題に対応すべく、様々な新しい分野において最前線で活躍する専門家が登場。
  • B to Bビジネス
    B to B企業がその先の最終消費者”C”のニーズを先行的に捉え、商品開発や新市場を創造し企業を発展させている。優れた成果の事例を通して学ぶ。
  • マーケティング法務
    マーケティング領域において押さえておくべき法律や判例について、事例を交えて全般的に概観することで、必要な法務知識を身につける。

 

関西マイスター&アカデミックアドバイザー

 

マーケティング・マイスター代表

白川 貴久子
㈱NTTドコモ
執行役員デジタルマーケティング推進部長
 

 

マーケティング・マイスター

荒木 学(第12期 修了生)
小林製薬㈱
ヘルスケア事業部 マーケティング部 部長
石田 良太(第14期 修了生)
㈱阪急阪神百貨店
第1店舗グループ ライフスタイル商品グループ
ライフスタイルマーケティング部 ゼネラルマネージャー
今井 直人
ダイキン工業㈱
マーケティングリサーチ本部企画グループ
担当課長
今西 健
朝日新聞大阪本社
メディアビジネス局 編成管理部 次長 兼 広告審査部 次長 兼 営業推進担当 次長
宇和 政男
象印マホービン㈱
執行役員 生産開発本部 本部長
大藪 範子
㈱ワコール
WEB販売事業部ウェブストア営業部 ウェブストア営業企画課 デジタル戦略アドバイザー
小川 謙一
㈱アサヒ・ファミリー・ニュース社
取締役
荻洲 貞明
㈱博報堂 関西支社
ビジネス開発部
シニアストラテジックプランニングディレクター
尾張 英正(第8期 修了生)
大阪メディア・サービス㈱
経営企画部 部長
金澤 伸明(第3期 修了生)
塩野義製薬㈱
医薬開発本部 専任次長
亀田 泰明(第3期 修了生)
㈱マンダム
取締役専務執行役員
経営企画・財務、人事・リソース統括
川崎 達矢
㈱NTTドコモ
デジタルマーケティング推進部
データ活用推進担当 担当課長
北村 栄治(第1期 修了生)
㈱電通 関西支社
クリエーティブ・デザイン局
アドバンスド・プランニング部 部長
木村 幸生(第9期 修了生)
江崎グリコ㈱
マーケティング本部
健康事業・新規事業マーケティング部 部長
久賀田 全計
三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱
コンサルティング事業本部 大阪ビジネスユニット 経営戦略部長 プリンシパル
河野 一哉
西日本旅客鉄道㈱
広報部担当部長
小中 繁雄(第10期 修了生)
㈱エネアーク関西
執行役員 販売事業部 部長
齊藤 裕子
凸版印刷㈱
トッパンアイデアセンター関西 TIC本部
商品企画部 部長
佐本 昌久
関電サービス㈱
取締役経営企画部長
嶋田 泰夫
阪急電鉄㈱
取締役 経営企画部長
清水 憲彦
スプリングプランニング
代表
杉本 宏治
月桂冠㈱
営業推進部 マーケティング課 課長
杉本 大(第12期 修了生)
ヤンマー㈱
食事業推進室 事業企画部 部長
関口 聡
㈱ADKマーケティング・ソリューションズ
アドテクセンター プラットフォーム&アドプロダクトユニット ユニット長
田上 昌樹
レンゴー㈱
パッケージング部門 西部営業本部
副本部長 兼 営業第一部長
田口 敬子
フジッコ㈱
マーケティング本部
第二ブランドマジメント室 室長
田中 国男(第7期 修了生)
ケンミン食品㈱
マーケティング部 部長
田中 嗣浩
サントリーホールディングス㈱ 関西担当部長
サントリー種類㈱ 近畿営業本部 営業企画部長
中尾 真範
㈱博報堂 関西支社
クリエイティブ・ソリューション局 局長代理
永久 秀明(第5期 修了生)
GLICO ASIA PACIFIC PTE.LTD.
COO
西森 靖記
パナソニック㈱ ライフソリューションズ社
空間ソリューションプロジェクト推進 上席主幹
野口 英雄
㈱カネカ
Performance Fibers Solutions Vehicle 技術統括グループリーダー
長谷川 想
㈱電通 関西支社
MCソリューション局 デジタルプロデュース1部 部長
林 研三
宝酒造㈱
九州支社 支社長
菱田 和宏(第6期 修了生)
㈱大広
ブランドアクティベーション人材開発局 局長
平島 隆行
サントリースピリッツ㈱
取締役常務執行役員
開発生産部門担当
細川 弓子(第4期 修了生)
㈱マンダム
第二マーケティング部 部長
堀江 宏明
サントリー酒類㈱
常務執行役員 近畿営業本部長
松尾 直久
京セラドキュメントソリューションズ㈱
マーケティング統括部 デジタルマーケティング部 責任者
松本 竜(第13期 修了生)
読売新聞大阪本社
広告局 営業政策部
宮本 博文(第1期 修了生)
㈱Goldratt Japan
バイアブルビジョンエキスパート
桃田 雅好
㈱マンダム
アドバイザー マーケティングフェロー
山田 則夫(第16期 修了生)
㈱阪急阪神カード
常務取締役
山村 昇(第11期 修了生)
日本山村硝子㈱
執行役員 プラスチックカンパニー社長
吉田 博一
パナソニック㈱ アプライアンス社
海外マーケティング本部
アプライアンスマーケティングセンター 所長
 

石井 淳蔵
神戸大学 名誉教授
流通科学大学 名誉教授
石井 康夫
大和大学 政治経済学部 教授
経済経営学科長
梅本 春夫
関西学院大学 商学部 非常勤講師
一般社団法人ブランド戦略研究所 理事
川上 智子
早稲田大学大学院
経営管理研究科 教授
栗木 契
神戸大学大学院
経営学研究科 教授
小林 哲
大阪市立大学大学院
経営学研究科 教授
清水 恭彦
流通科学大学
商学部 教授
清水 信年
関西外国語大学
外国語学部 教授
廣田 章光
近畿大学
経営学部 教授
若林 靖永
京都大学経営管理大学院
教授

 

受講お申し込み

 

マスターコース関西

 

お問い合わせ
マーケティング・マスターコース(関西)についてのお問い合わせフォームです
お名前を記入してください
メールアドレスを記入してください
ご用件を記入してください
トップに戻る