提言

提言 (54)

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2020年5月号『素晴らしい普通』に記載された内容です。)


「普通」とは何なのか?

マーケティングホライズンでは、編集委員が持ち回りでその号の特集テーマを設定する。2020年5月号の担当だった私は、ちょっとした思いつきで「普通」を扱おうと考えた。というのも、私が身を置く外食産業の世界では、普通の対極である「特別」ばかりがチヤホヤされる傾向が強くなっていたからだ。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2020年1月号『美意識』に記載された内容です。)


世間を変えた賢人たちの語録をたどって行くと、「Stupid」や「Foolish」という言葉に出会うことが多いことに気がつきます。そうなってはいけない、と主張するのだと普通で面白くないですが、逆にそれがいいのですと説いているので「おや!?」と持ち前のお安い好奇心が目を覚ましてしまいます。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2020年1月号『美意識』に記載された内容です。)


私の名前は数俊(かずとし)である。自分の名前の漢字の画数が多いということは、小学生になり、漢字で名前を書けるようになった時に気がついた。それと何となくまわりの友達と異なり、特徴があることもわかった。どうやら名前は父が中心になってつけたらしい。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年8月号『沸き立つ新組織論』に記載された内容です。)


組織のあり方には、絶対的な正解などありはしません。しかし、ともすると哲学的なお話や組織の「ハコ」としての形体論などに終始して、実効性を伴わない施策ばかりということもしばしば。毎年のように組織をいじっていても、さして改善するわけでもなく、本質的な組織の課題はそのままになっていることがほとんどでしょう。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年9月号『支える 裏方に徹するプロフェッショナル』に記載された内容です。)


幸せのステージの変化

最近の傾向として、いかにして自分自身の価値を高め、自らが主役として、話題の中心として注目を浴びる事がもてはやされる事がないであろうか。確かに、主役として脚光を浴びる事はマズローの5段階欲求説の尊厳の欲求や自己実現欲求を満たすものであるかもしれない。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年5月号『アナログ技術は生き残れるか!?』に記載された内容です。)


ものづくりのまち 燕三条
燕三条地域(三条市・燕市)は新潟県のほぼ中央に位置し、中小企業が金属加工製品を中心に多種多様な品物を作り出している。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年4月号『外食2.0』に記載された内容です。)


「人材ショート倒産」が起こる?

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年2月号『ボーダレスミレニアル東南アジア流』に記載された内容です。)


ネット環境さえあれば、どこでも仕事が出来る時代とは言え、東南アジアミレニアル世代はフィジカルなコンタクトを大事にする。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年2月号『ボーダレスミレニアル東南アジア流』に記載された内容です。)


時間効率を求める意識が、新しいサービスを生む。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年1月号『スポーツ2019 2020』に記載された内容です。)


eスポーツが熱い、そうです。

トップに戻る