直前!世代別の大型連休の過ごし方調査

移動規制がなくても「できるだけ自宅で過ごしたい」が全体の45.3%
Z世代においては「近場に出かけたい」が40.8%でトップ
リベンジトラベルを計画する人は前年比2倍に

今週末から始まるゴールデンウィークは、平日2日休むと最大10連休になります。3年ぶりの移動規制がない大型連休を前に、旅行や帰省を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。今回は、全国18歳以上の男女1,000名を対象に「世代別の大型連休の過ごし方調査」を実施した結果をご報告いたします。

(Z世代を18歳~25歳、Y世代を26歳~41歳、X世代を42歳~56歳として調査。実施期間:2022年3月31日~4月4日)

 

【調査結果詳細】

「できるだけ自宅で過ごしたい」は全体の45.3%。年齢が上がるにつれて右肩上がりになっており、高年層では5割を超える

一方、Z世代は「近場に出かけたい」が40.8%でトップ、次いで「できるだけ自宅で過ごしたい」が36.4%、「遠方に出かけたい」が26.4%でつづく。

 

前年は、緊急事態宣言が発出されていた地域もあり「できるだけ自宅で過ごした」が全体の60%

「近場に出かけた」は全世代で3割未満、「遠方に出かけた」は1割程度で、前年は外出を自粛した人が多かった。今年は遠出を計画する人が前年の約2倍に増えている。

 

今年の自宅での過ごし方は「テレビ・録画番組視聴」が最も多く、年齢が上がるほどテレビ番組好きの割合が高い。次いで「掃除、片付け、断捨離」がつづく

一方、Z世代では「動画配信サービス視聴」が47.3%でトップ、次いで「睡眠」が46.2%。

近場に出かけたい人は、全世代で「ショッピングに行く」がトップ。次いで「外食、カフェに行く」がつづく

Z世代においては3位に「映画館に行く」が入っており、全世代で最も多い33.3%。

遠方へ出かけたい人は「宿泊を伴う国内旅行」が全世代で最も多い。次いで「日帰り国内旅行」がつづく

コロナ影響を大きく受けている「海外旅行」においては、全世代で2割未満となった。

大型連休中の主な移動手段は、「自家用車」が全体のトップ。高年層ほど「電車」よりも「自家用車」の割合が高い

今年も渋滞が予想される一方、「徒歩」と回答した人は全体の3位という結果になり、徒歩圏内のお出かけを予定している人も多いことがわかった。

今回の調査では、Z世代~X世代の4割以上が「近場に出かけたい」と回答しており、緊急事態宣言が発出されていた前年に比べ、今年はお出かけ需要の熱が「近場」から徐々に高まりを見せる結果となった

 

 

■関連URL

株式会社ロイヤリティマーケティング:https://biz.loyalty.co.jp/

その他公開レポート:https://biz.loyalty.co.jp/report/

 

【調査概要】

調査方法  : インターネット調査

調査期間  : 2022年3月31日~4月4日

パネル     : 「Pontaリサーチ」会員

                      (Ponta会員で「Pontaリサーチ」の会員登録をしていただいている方)

調査対象  : 年齢 18歳以上

        性別 男女

        対象地域 全国

有効回答数 : 1,000名 ※性世代別に各125サンプル回収

(Z世代を18歳~25歳、Y世代を26歳~41歳、X世代を42歳~56歳として調査)


【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】

調査結果引用・転載の際は、“「ロイヤリティ マーケティング」調べ”とクレジットを記載していただきますようお願い申し上げます。

マーケティング施策立案にお役立ていただける、より詳細な追加分析レポートをご希望の方は、株式会社ロイヤリティ マーケティング ビジネスデザイン部リサーチ担当部局までお問い合わせください。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

※報道関係者の方は、メディア関係者限定公開のお問い合わせ先

 広報・コーポレートコミュニケーション部にご連絡をお願い申し上げます。

 

株式会社ロイヤリティ マーケティング

広報・コーポレートコミュニケーション部

 TEL:03-6408-2034 / E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

このアイテムを評価
(0 件の投票)
コメントするにはログインしてください。
トップに戻る