【オンライン】宇宙マーケティングのすゝめ

Lecture Point
 
宇宙は遠い存在ではなく、現実のビジネスフィールドです。宇宙産業の市場規模は世界で40兆円を超えています。国内もすでに製造業のみならず、さまざまな企業、ベンチャー、自治体、大学など、規模の大小に関わりなく、多くのプレーヤーが登場。ロケット・衛星・データを始め、衣食住、エンタメ、健康など生活に密着する分野にも相次いで参入しています。本講演では、こうした宇宙ビジネスの概観と最前線の動向、さまざまなケースを紹介。「見上げる宇宙から、使う宇宙、くらしや仕事に役立てる宇宙へ」。新たな視座を養える必聴の講演です。多数のご参加をお待ちしております。

参考記事
 

日 時 : 2021年2月22日(月) 14:00~15:00(開場 13:45)
方 法 : オンライン方式 (Zoom) 開催直前に視聴URLをお送り致します

主 催 :JMA九州支部

宇宙マーケティングのすゝめ

 

第1部

14:00~14:30

宇宙マーケティングの概観


政府の新しい宇宙基本計画(2020年6月)は、宇宙政策の目標として「宇宙を推進力とする経済成長とイノベーションの実現」を新たに掲げた。
IoT、ロボット、AI、ビッグデータ等の新たな技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、イノベーション創出を目指すSociety5.0の実現に向け、「宇宙」は新たなゲームチェンジャーになるだろう。

上村 俊作
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)新事業促進部事業開発グループ グループ長 / プロデューサー

かみむら・しゅんさく
九州大経済学部卒業後、宇宙業界へ。
中小企業・東大阪衛星プロジェクト立ち上げ、ロケット機体広告、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」民活・有償利用など外部・民間連携に注力。
文部科学省、宇宙教育を担う(財)日本宇宙少年団(松本零士理事長)、㈱電通に出向。約3年間、民間出身理事長の秘書を務め、人事部を経て現職。
2018年に始動した民間との共創型研究開発J-SPARC(じぇい・すぱーく)を通じ、宇宙ビジネス創出を目指す。現在、ベンチャーから大企業と20~30の共創活動を推進中。

 

第2部

14:30~15:00

宇宙マーケティングの実践 -人々の生活に役立つ宇宙データ


衛星による準リアルタイム観測は、鉄道や電力などのインフラ系企業、保険会社、大規模の施設を保持している企業などから特に注目されている。
災害対応や事業継続の観点から地形や道路、線路、建物の状態をリアルタイムに把握したいというニーズが高いためだ。

大西 俊輔
株式会社QPS研究所 代表取締役社長 CEO / 博士(工学)

おおにし・しゅんすけ
九州大学大学院航空宇宙工学専攻博士課程を修了。
大学院在籍時の2008年5月よりQSAT-EOS (九州大学を中心とした九州地区の大学・企業による50kg級小型衛星プロジェクト)のプロジェクトリーダーとしてシステム全般の指揮ならびに大学・企業のメンバーのマネジメントを行い、2014年11月にプロジェクトを成功に導く。
九州より世界の宇宙産業にインパクトを与えるべく、2013年10月有限会社QPS研究所に主任研究員として入社。2014年4月に同社の代表取締役社長に就任し現在に至る。
学生時代から現在までに十件超の小型人工衛星開発プロジェクトに従事。

イベント詳細

開催日時 2021年02月22日 14:00
終了時間 2021年02月22日 15:00
定 員 無制限
参加費 会員2,640円(税込) 非会員3,300円(税込) 会員割引の適用にはログインが必要です。
このイベントのお申し込みは終了いたしました

JMA会員ログイン

会員サービスの適用にはログインが必要です。

JMA会員でアカウント登録がまだの方は、下記よりアカウントを作成してください。
アカウント登録

JMA会員社の確認は下記よりご確認いただけます。
JMA会員社検索

イベント検索

カテゴリー
会 場

イベントカレンダー

3月   2021
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

講座履歴

日本マーケティング協会の講座履歴

講座アーカイブ

講座お申し込み履歴

お客様の講座お申し込み履歴です

当ページをご覧になる際はログインをしてください

お申し込み履歴

お問い合わせ
講座についてのお問い合わせフォームです
お名前を記入してください
メールアドレスを記入してください
ご用件を記入してください
トップに戻る