観光立国に日本が本格的に取り組みを始めたのは観光立国推進基本法が施行された2007年からだろう。

「世界ベストレストラン50」(以下50ベスト)は、2002年に始まったアワードで、文字通り世界のトップ50のレストランをランキングするものです。

今後日本にとってASEANは最重要地域になっていくが、まだまだ日本とASEANの若者の文化交流はうまくいっていない。

2014年度の訪日観光客は1,300万人程まで伸長し、個人消費の1%に匹敵する2兆円程度が訪日観光客の日本での買い物、食事等の支出金額であると言われている。

この取り組みは8年前に始まりました。ご宿泊のお客様から、「由布院は6時を過ぎると商店街がみんな閉まってしまうんですねえ。夕食が終わったら温泉以外に何かお楽しみがありますか?」と聞かれました。

日本が世界に誇る美食の街、京都・丹後とは
京都の北部、天橋立や伊根の舟屋を有する丹後の街は、そこかしこで異国の言語が飛び交う。一年を通して国内外の食いしん坊が訪れるこの街では、地元の料理人のみならず都市部から移住してきた好奇心旺盛な料理人の味を楽しむことができる。

2016年4月17日、西武鉄道初の観光電車「西武 旅するレストラン 52席の至福」の運行初日、終着地である西武秩父駅に電車が到着すると、たくさんの地元の方による笑顔の出迎えがありました。

みなさま、初めまして。一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社で事務局長を務めております、井上正幸と申します。ご存じない方もいらっしゃると思いますので、最初に秩父地域の紹介をさせてください。

トップに戻る